親から子へとむし歯がうつるの?

むし歯菌、だ液に乗って、人から人へと大移動

むし歯菌(ミュータンス菌)の感染ルートは、たった1つだけ。だ液によって、人から人へとうつっていくんです。なかでもママから乳児への感染が一番多くて、それを「母子感染」といいます。

こんなことありませんか?

小さな子どもにごはんを食べさせるママ。味見したり、温度を確かめたり、親子で1つのスプーンを使って食事をあげていませんか?こうしてママのだ液に混じったむし歯菌が、かわいい子どもへとうつってしまうんです

かわいい赤ちゃんがお口を守るためにワタシが今日からできること!!

何より大切なのは、赤ちゃんが生まれる前からのママの心がけ。たとえママのお口の中にむし歯菌がいても、しっかりお手入れして、正しい食生活を守っていれば、母子感染の可能性はグッと減らせるんだから!

悪いところを治しておこう

歯医者さんでむし歯菌の量を調べ、悪いところはしっかり治してもらいました。その後も定期的にチェックを受けています。

キシリトールを取り入れよう

ママがキシリトールを摂っていると、むし歯菌が弱ってきて赤ちゃんに感染しにくくなるんですよ。キシリトールのガムやタブレットで、むし歯菌をコントロール!
むし歯菌の多いママたちにキシリトールを摂ってもらったところ、2歳児の時点で母子感染した割合は、たった9.7%でした。

ていねいに歯みがきしよう

歯医者さんで歯みがきの仕方を教わりました。ママ自身がいつもキレイなお口でいることが、かわいい赤ちゃんのためですからね。

むし歯菌はいつ赤ちゃんのお口にやってくるの?

生まれたばかりの子にむし歯菌はいない

むし歯菌は固いところにしか住めないので、生まれたばかりの歯がない赤ちゃんのお口にはいません。歯がはえるのを、今か今かと楽しみに待っているんです。

生後6ヶ月から3歳が感染のピーク

最もうつりやすいのが、乳歯の生え始めから3歳ごろ。とくに2歳前にうつってしまうと、将来むし歯になる可能性はぐ~んと高まります。