歯周病っておじさんの病気でしょ?

10代でかかる歯周病は、あっという間に進行する!

10代など、まだ若いうちに歯周病になってしまう人には、原因になる細菌ばかりではなく、免疫力の弱さもパパとママから受け継いでいることがあります。普通でも、若い人の方が歯周病は早く進みます。遺伝的に免疫力が弱い人だとなおさら進行が早まります。若いからこそ、気づいたらすぐ気をつけることが大切です。

歯周病はボクにも関係ある!それがわかっていれば大丈夫だね!!

歯周病ってオジサンの病気だと思っていたからビックリ。10代でも歯周病に注意しなければいけないってことが早めにわかってよかったなぁ。まだ何十年もつかう歯だから、予防して大切にしないとね。

こまめに歯みがきをしよう

いつもみがいていないところを歯科衛生士さんに教えてもらったんだ。そういうところから、みがき始めるのがいいんだって!

家族みんなの歯周病をチェック

みんなが歯周病にかかっているかどうかで、歯周病のなりやすさが決まるんだ。だからパパとママも歯医者さんでみてもらったよ。

あれっ?と思ったら診てもらおう

若いと歯周病が進むのが早いんだって。だから「歯ぐきがちょっと腫れてるな」と思ったら、すぐに歯医者さんに相談しよう。

若者の歯ぐきも6割以上が問題アリ!

歯ぐきの異常の有無(年齢層別)

歯周病というと中年からの病気たど思われがちですが、じつは若い人の歯ぐきの多くに異常があります。歯周病を起こす細菌は、家族から移ることがあり、ご両親が歯周病にかかっていると、きちんと歯みがきしていても歯周病になりやすいようです。 細菌への抵抗力が遺伝的に弱いと、15~16歳で歯周病になることもあるのです。