削らなくていいむし歯があるなんて!

ホントのむし歯治療は、削らなくていいうちに原因を知って改善すること!なりかけのむし歯なら、削らなくてもお口の環境をよくすることで治ります。 ホントのむし歯治療とは、削らずに直せるうちにむし歯の原因を知り、削らなければならない状態になってしまう前に改善していくことです。

こんなことありませんか?

むし歯になったら削るしかないと思ってしまいがちです。でも診断の結果、むし歯はまだなりかけで、削らずに治る可能性が十分あるんです。歯はいったん削ってしまったら、元には戻らない。削る決断はもっと慎重にしなければいけないんです。

歯を削らないですむようにお口の環境を整えていこう!

大切なのは、悪いところをキチンと治療して、今後できるだけ削らなくてすむように「むし歯にならないための歯科診療」を受けること。なんてったって、むし歯にさせないのがイチバン!

だ液検査を受けました!

むし歯から歯を守る大切なはたらきをするだ液。でもその力は、人によって強かったり弱かったり・・・。自分のお口の中に、どれくらいむし歯菌がいるかもわかるんですよ。

食生活のアドバイスをもらいました!

1回に食べる量が少ないから、すぐにお腹が減っちゃって・・・。食べる回数が多いと、むし歯になりやすいんですって。3食しっかり食べて、ダラダラ食べないように気をつけます。

歯みがきの注意点を教わりました!

“つめもの”や“かぶせもの”のまわりは汚れがつきやすいそうです。歯医者さんでじょうずな歯みがきの仕方を教えてもらい、ちゃんとみがけているか定期チェックも受けなきゃね!

削ってつめて・・・治療して歯はよくなるの?

治療が終わって大丈夫の油断は禁物

“つめもの”や“かぶせもの”には、お口の状態や毎日のケアの仕方にもよりますが、寿命があるんです。傷んでくると歯とのあいだにできたすき間からむし歯菌が入り、むし歯が再発しやすくなります。

原因を突き止めて、むし歯環境をコントロール

削る治療は、あくまでも形やはたらきを回復しているにすぎません。細菌や飲食の習慣、だ液の力など本当の原因を解決して、むし歯が再発しないようにしていくことが大切です。