「痛いから」じゃなく「痛くならないため」に歯医者さんへ行こう!

笑顔の人であふれる歯医者さんが増えています。なぜかっていうとね、健康な人がむし歯や歯周病にならないために通っているから。歯医者さんは「痛い治療をするイヤなところ」から「お口の健康を守ってくれる楽しいところ」へと変わってきているんです。

こんなことありませんか?

お口の健康状態をチェックし、歯をクリーニングしてもらうため、定期的に歯医者さん通っている同級生。「悪くなったら行くところ」と思い込んでいる子より、一歩先行く歯医者さんのかかり方をしているね。

今日からボクが歯医者さんでしてもらうこと!

ずっと健康な歯でいるために、歯医者さんがボク専用の“むし歯予防法”を考えてくれたんだ。 でも自分ではどうしてもお手入れしきれない細かい部分ってあるでしょ? だから定期的に歯医者さんでキレイにしてもらうんだよ。

歯をピカピカにお掃除してもらうんだ

歯みがきではとれないガンコな細菌のかたまりを歯科衛生士さんに落としてもらうと、すっごくキモチいいんだぁ。終わった後は歯がピカピカだし、舌でさわるとツルツルしてるんだよ。

歯を強くするお薬(フッ素)を塗ってもらうよ

酸に溶けにくい、じょうぶな歯をつくるフッ化物。ボクは、おウチでフッ化物入りの歯みがき剤をつかっているよ。それだけじゃなくて、定期的に歯医者さんですみずみまでフッ化物を塗ってもらっているんだ。

上手な歯みがきの仕方を教わるよ

自分ではみがいているつもりでも、みがけていない部分って多いんです。歯科衛生士さんに、ボクにあった歯みがき道具を選んでもらい、じょうずな歯みがきのしかたを教わっています。

虫歯の少ない国の歯医者さんのかかり方

スウェーデンと日本の12歳児、何本むし歯になっちゃった?

今でこそ、こんなに差がついちゃったけど、昔は日本よりもスウェーデンのほうがむし歯が多かったんですよ。なんで、ここまで減ったのかっていうとね・・・。

治療から予防へ

それは国をあげてむし歯予防に取り組んだことで、みんなの健康意識が高まり、歯医者さんや保険センターで定期的にお口の健康をチェックするようになったからなのよ。